刀身を鞘に入れた状態で敵に対峙するというスタイルを確立した術といえば「居合術」もしくは「抜刀術」と呼ばれるものであり、対峙した敵が刀の鯉口を切った瞬間、すでに敵を斬るという電光石火の早ワザが有名なのではないでしょうか。この「居合術」の源流を探って行くと、林崎甚助系と、その他の系統に大別されると言われているようです。前者は、戦国期に「居合術」を大成した者であるとされ、父親の仇討ちのために剣術修行に明け暮れ、百日の参寵修行を行った際、満願の日に神託を得て居合術の奥義を会得したという逸話もあるようです。その後、見事に仇討ちを果し、諸国を巡りながら修行を重ね、各地で「居合術」を教授し、育てたとされている人物です。戦国大名の1人として有名な加藤清正なども、その技量に魅せられ、半年ほど甚助を加藤家に留め置いて家臣に居合術を習わせたという逸話も残っているようです。このおかげで朝鮮の役の時、加藤家の武士は大活躍したとも言われているようです。中国兵や朝鮮兵が背中に背負った刀を抜こうとした瞬間、抜き打ちで次々と敵兵の腕を斬り落としたとされているようです。現在にも伝わっているとされる「無双直伝英信流」「伯書流」「関口流」「田宮流」「新田宮流」「無楽流」というような「居合術」の諸流派は、そのほとんどが林崎甚助を祖としているとされているようです。その他の系統として挙げるとすれば、「天真正伝香取神道流」「貫心流」「無外流」「荒木流」「信抜流」「円心流」といった様々な流派が挙げられるのではないでしょうか。日本刀とともに、栄えた、また派生した術や流派を調べてみるのも面白いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です