日本刀関連の動作などがルーツとされる慣用句・ことわざ・言葉をご紹介します。

・抜き打ち(ぬきうち)
もともとは、日本刀を鞘から抜いてから即座に斬りつけることをさしていました。
転じて、全く前触れも無い状態で、何かを行うことをさすようになりました。

・抜き差しならぬ(ぬきさしならぬ)/抜き差しならない(ぬきさしならない)
『抜き差し(ぬきさし)』とは、日本刀を鞘から抜いたり差したりすることをさしています。
転じて、『抜き差しならぬ』とは、身動きができずどうにもならない状況をさしています。

・折り紙つき(おりがみつき)
もともと『折り紙(おりがみ)』とは、紙を折った形式の文書のことをさしていて、公的な文書や鑑定書などを呼ぶ言葉としても使われていました。
このことから『折り紙つき』とは、確かな品質や確かな実力が保証されていることをさすようになったと言われています。

・焼きを入れる(やきをいれる)
もともとは、刀を作る際に火で高温に加熱してから、水などに入れて急冷することをさしていました。
転じて、刀に焼きを入れるように、たるんだ気持ちに喝を入れて気持ちを引き締めさせることをさすようになりました。
また、刀に焼きを入れるように、制裁を加えることをさす場合もあります。

・焼きが回る(やきがまわる)
刀に焼きを入れる際、火を入れ過ぎてしまったせいで、逆に刃の切れ味が落ちてしまう状態のことをさしていました。
転じて、加齢などの理由で、能力が落ちてしまうことをさしています。

・真打/真打ち(しんうち)
もともとは、日本刀を作る際、何本か打った中で一番出来が素晴らしい刀のことをさしていました。
転じて、落語などで、一番最後に登場する最も優れた人のことをさすようになりました。
ただし『真打ち』の語源には、これ以外にも諸説存在しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です