刀装とは、日本刀の外装にあたる、刀身以外の部分です。
『拵え(こしらえ)』などと呼ぶ場合もあります。
そんな刀装関連の言葉が入る慣用句・ことわざ・言葉をご紹介していきましょう。

・元の鞘に収まる(もとのさやにおさまる)
『鞘(さや)』とは、日本刀をおさめておくための筒状の覆いのことをさしています。
日本刀においては、刀の反り(刀身のカーブ具合)がその刀ごとに異なっていることから、その刀ごとに形状に合わせた鞘があるのが普通です。
『元の鞘に収まる』という言葉は、抜かれている状態の刀や、他の鞘におさまっていた刀が、元々の鞘におさまることをさしています。
転じて、喧嘩などが原因で仲たがいしていた両者が仲直りする状態のことをさすようになりました。

・鞘当て(さやあて)
もともとは、日本刀を腰に差した武士同士が街中などの道をすれ違う際、お互いの鞘がぶつかってしまったことが原因となって起こった争いごとをさしていました。
転じて、ごくごくささいなことが原因となって発生する争いごとをさすようになりました。

・目貫通り(めぬきどおり)
もともと『目貫(めぬき)』とは、日本刀の刀身部分を柄(つか)に固定するための釘のような部品(目釘)のことです。
この部品が目立つ位置にあることなどから、草花や動物などをモチーフとした装飾が施されるようになりました。
そこで『目貫』といえば固定するための部品(目釘)をさすこともありますが、目釘とは別に目釘にかぶせる装飾金具のことを『目貫』と呼ぶことも多くなりました。
このことから、街の中で最も中心である賑やかな通りのことを『目貫通り』と呼ぶようになったのです。

・切羽つまる/切羽詰まる/切羽詰る(せっぱつまる)
『切羽(せっぱ)』とは、日本刀についている金具であり、刀が不用意に動かないよう止めるという役割を果たしています。
切羽が詰まると、刀がガチッと固定されてしまい、鞘から刀を抜くことが不可能になってしまうのです。
そこで『切羽つまる』とは、身動きがとれないぐらい追いつめられてしまう状態のことをさしています。

・鍔ぜり合い/鍔迫り合い(つばぜりあい)
『鍔(つば)』とは、日本刀の刀身と柄(つか)との間に挟むことにより、使用者が自分の刀の刃でケガをしにくいような役割を果たしています。
もともと『鍔ぜり合い』とは、日本刀で戦っている2人が互いに繰り出した刀を鍔で受け止め、押し合うようにせり合っている状態のことをさしていました。
転じて、激しく勝負する接戦のことをさしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です