刀身関連の言葉が入る慣用句・ことわざ・言葉をご紹介します。

・付け焼き刃(つけやきば)
もともとは、あまり切れが良くない『鈍刀(なまくらがたな)』に、『焼き刃』を付け足してどうにか使えるレベルにしたようなもののことをさしていました。
転じて、一時的に間に合わせるために、一夜漬けなどで間に合わせに覚え込んだにわかな知識や技術のことをさしています。

・急場凌ぎ(きゅうばしのぎ)
もともとは、『急“刃”凌ぎ(きゅうばしのぎ)』という漢字の言葉でした。
『急刃(きゅうば)』というのは、かつて日本刀を使って戦っていた戦場において、自分の刀の刃がかけてしまった時には、本来であればちゃんとした刀の修繕などを行っておきたいところであるのですが、必要なものが足りなかったり時間がなかったりなどの理由でそれが不可能な場合、いったん手近な物などを使って応急処置を行った「どうにか戦えなくはない」というような状態の刃のことです。
『急刃凌ぎ』は、いざという時に急刃を使うことでどうにかその場を切り抜けていくような状態をさしていたのです。
転じて、すぐそこまで差し迫っている場面において、何とかその場を切り抜けるための苦肉の策や間に合わせの処置を行うことをさしています。
またはそういった場面にとる間に合わせの解決策となる手段自体をさしている場合もあるようです。

・鎬を削る(しのぎをけずる)
もともとは、日本刀同士を持った者たちがで斬り合いの戦いを行う際、刀の鎬(しのぎ)と鎬(しのぎ)が非常に強くぶつかり合いこすれることで削れてしまうぐらい激しく戦う様子をさしていました。
なお日本刀の『鎬(しのぎ)』というのは、刀の刀身の側面のうち、少し小高くなっている部分(稜線)のことをさしています。
転じて、激しく争う戦いの様子のことをさしています。

・反りが合わない(そりがあわない)
もともとは、日本刀の反り(刀身のカーブ具合)はその刀ごとに異なっていることから、違う刀とセットになっている鞘に納めるのは難しい、というような意味合いをさしていました。
転じて、人と人との性格が合わない様子や、相性が悪い様子などのことをさしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です