まずは日本刀のうち、『刀』という言葉が入る慣用句・ことわざ・言葉をご紹介します。

・単刀直入(たんとうちょくにゅう)
もともとは、刀1本だけを持った状態で、敵陣に単身(ただ1人で)切り込んでいくことをさしていました。
転じて、前置きなしにいきなり話の本題に入ることをさしています。

・一刀両断(いっとうりょうだん)
もともとは、一太刀(刀で1回斬りつけること)ですっぱりと、対象を真っ二つに断ち切ることをさしていました。
転じて、真っ二つに断ち切るように、きっぱりとした処置をとることを意味することをさしています。

・伝家の宝刀(でんかのほうとう)
もともとは、その家に先祖代々伝わっている、非常に大事な宝物である刀のことをさしていました。
転じて、いざという時に使用するための、とっておきの切り札のことをさしています。

・懐刀(ふところがたな)
もともとは、いざという時の護身用などのために、懐や帯の間などに入れて持っている、小さな刀のことをさしていました。
転じて、絶大な信頼をされている部下(腹心の部下)のことをさしている場合もあります。

・おっとり刀/押取り刀(おっとりがたな)
もともとは、急に起こった緊急事態に、刀を腰にちゃんと差す間もなく、手に持った状態で事にあたるような状態のことをさしていました。
転じて、取るものも取らずに慌てて駆けつけることをさしているというのが一般的になりました。

・太刀打ちができない(たちうちができない)
もともとは、日本刀の一種である“太刀”で打ち合って戦おうとしても、相手が強すぎて勝負にならないような状態のことをさしていました。
転じて、対戦相手との実力の差が大きすぎて、まったく勝負にならないような状態のことをさしています。

・助太刀(すけだち)
もともとは、果たし合いなど刀での勝負に加勢することをさしていました。
転じて、人に加勢することをさしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です