『日本刀』というのは、広義には、“日本特有の製法にそって作り出された刀類”のことをさしています。
そして一般的に『日本刀』といえば、“平安時代末期ごろから作られた片刃形状の刀剣”のことをさすことが多いようです。

近年の日本においては、普通の方が『日本刀』の実物に触れ合う機会というのはめったにないといえるでしょう。
ですが『日本刀』が生み出されてから長い間、日本に暮らす多くの日本人にとって、『日本刀』は身近なものであったとされています。

それが目に見える形で残っているのが『ことわざ』や『慣用句』といったような分野です。
実は現代に生きる私たちが日常的に使っている慣用句などの中にも、実は『日本刀』および、『日本刀に関わる物や動作』などが元になった言葉が多く存在しているのです。
とはいえ『日本刀』自体と縁があまり無い方にとっては、日本刀に関わる言葉を意識する機会も少ないため、気づかずに使っているという方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、現代でも使われている“『日本刀』および『日本刀』関連の言葉がルーツとなった慣用句・ことわざ・言葉”について、見ていきたいと思います。
基本的に刀を使わなくなった現代においては、もともとの言葉の由来から連想されるような意味に転じているものも多いようです。言葉本来の意味と、現代において一般的によく使われる意味合いも、できる限りご紹介していきます。

なお『日本刀』という名称は、使われ出してから比較的歴史が浅い呼び方となっています。
なぜならあくまで『日本刀』という名称は、日本以外の諸外国から見て、各国の刀剣類と日本特有の刀剣類とを並べて分類する際に生まれた呼び方と言えるからなのです。

現代において『日本刀』とされている刀剣類は、本来は『刀(かたな)』『太刀(たち)』『脇差(わきざし)』『剣(つるぎ)』または『剣(けん)』というような分類で呼ばれていたり、木製などの刀と対比する形で『真剣(しんけん)』という呼ばれ方をしたりといったケースが多かったと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です