かつて日本刀の愛好家と言えば、そのほとんどが歴史などが好きな一部の男性に限られていました。
ですが近年では、“名刀をテーマとしたゲーム”などの影響で、若い女性たちの間でも日本刀人気が高まり、その影響で各地の日本刀関連のイベントや日本刀を展示した博物館・記念館などがにぎわっていると言えるでしょう。

さて、世界各地には昔から“さまざまな刀剣”およびそれらを作り上げるための“さまざまな刀剣の製法”が存在しています。
そしてその中でも“日本刀(にほんとう)”とは、日本固有の製法にて製造された刀剣類のことをさしています。
日本刀と呼ばれる刀剣類には、“太刀(たち)”、“剣(けん/つるぎ)”、“刀(かたな)”、“打刀(うちがたな/うちかたな)”、“脇差(わきざし)”、“短刀(たんとう)”などと呼ばれる種類があり、“日本刀”はそれらの総称となっているのです。

なお一般的には、古来の日本において“日本刀”という呼び名は使われていないとされています。
理由としては、古来日本において基本は“刀剣=(現在で言う)日本刀”であり、わざわざ“日本”という呼称をつける必要が無かったからとも考えられるかもしれません。
あくまで日本刀という呼び名は日本国外の他国からの観点(他国に存在する刀剣と異なるものだという分類での呼び名)であり、日本国内で広く使われるようになったのは、比較的新しい歴史の中でのことなのです。

日本刀について考えていく上で外せない重要要素のひとつが、“鉄(てつ)”だといってもよいでしょう。
鉄は日本刀の主な原料となっており、これが無くては日本刀を作り出すことが不可能となってしまうのです。

ここからは、日本刀における“鉄”について注目していきたいと思います。