日本刀初心者の方向けに、“日本刀の各部位の名称”を確認していきましょう。
続いては“鞘(さや)”についてです。
なお日本刀において本体とされるのはあくまで“刀身”部分であり、“鞘”を含むそれ以外の部分は“拵え”などと呼ばれ、本体の外装という扱いになっています。
“拵え”部分は、“拵(こしらえ)”もしくは“刀装(とうそう)”などとも呼ばれているようです。

・鞘(さや)/刀室(とうしつ)
刀身をおさめている覆いの細長い筒部分のことをさしています。
中に穴があけられており、刀身部分に傷などがつかないよう保護したり、逆に刀身部分が不用意に人や物などを傷つけないよう守ったりというような役割があります。

・鐺(こじり)/?(こじり)
日本刀の“鞘”のうち、刀身の切先がおさまる側に近いほうの“鞘”の先端部分のことをさしています。
また、“鞘”の先端部分にはめこむ飾りの金物細工がついている場合、その金物細工のことをさしていることもあるようです。

・鯉口(こいくち/こいぐち)
日本刀の“鞘”のうち、刀身を入れ始める“鞘”の口部分のことをさしています。
口部分の断面が、まるで魚の鯉の口が開いている様子に似ていることから名づけられたと言われているようです。

・下緒(さげお)
日本刀の鞘部分に巻いて使う紐のことをさしています。

・返り角(かえりつの)/逆角(さぐり/かえりつの)
日本刀の“鞘”のうち、“鞘”の表部分に、角のように飛びてている部分のことをさしています。
日本刀を鞘から抜く場合、鞘が一緒に引っ張られてしまわないよう帯に引っ掛けるストッパーのような役割を果たしています。
その日本刀が作られた時代などによっては、形状が異なっていたり、 “返り角”自体がついていなかったりしているようです。