日本刀初心者の方向けに、“日本刀の各部位の名称”を確認していきましょう。
続いては“鍔(つば)”などについてです。
なお日本刀において本体とされるのはあくまで“刀身”部分であり、“鍔”を含むそれ以外の部分は“拵え”などと呼ばれ、本体の外装という扱いになっています。
“拵え”部分は、“拵(こしらえ)”もしくは“刀装(とうそう)”などとも呼ばれているようです。

・鍔(つば)/鐔(つば)
日本刀の“柄”と“刀身”との間に装着する、返しのような部品のことをさしています。
“柄”を握る使用者が、自分の日本刀の刃でケガをしにくいよう防ぐなどの目的でつけられているようです。
かつては“津美波(つみは)”などと呼んでいたとも言われています。
“鍔”の形には、角形・丸形・木瓜型(もっこうがた)など、さまざまな形状が存在しています。

・はばき(?/?)
日本刀の“刀身”と“茎(なかご)”の境目である“区(まち)”の部分にはめ込む部品のことをさしています。
“はばき”をカッチリとはめ込むことで、はじめて“鍔”および“柄”をきちんと“刀身”へと固定することができるようになるのです。
また“はばき”をはめ込むことで、必要な時以外に“鞘”が“刀身”から抜け落ちてしまわないよう固定しておくという役割もあわせ持っています。
“はばき”は、基本的には“刀身”に合わせて1つずつ作られる形であり、“刀身”に固定しておく形となります。

・切羽(せっぱ)
日本刀の“鍔”と“刀身”が接するところ(=鍔元(つばもと)/鍔際(つばぎわ))にはめる金具部品のことをさしています。
“はばき”同様、基本的には“刀身”に固定しておく形となります。