日本刀初心者の方向けに、“日本刀の各部位の名称”を確認していきましょう。
続いては“柄(つか)”ついてです。
なお日本刀において本体とされるのはあくまで“刀身”部分であり、“柄”を含むそれ以外の部分は“拵え”などと呼ばれ、本体の外装という扱いになっています。
“拵え”部分は、“拵(こしらえ)”もしくは“刀装(とうそう)”などとも呼ばれているようです。

・柄(つか)
日本刀の“茎(なかご)”部分を覆っている、持ち手部分のことをさしています。
“柄”があることで、日本刀の握りやすさが大きく変わることから、武器としての扱いやすさにも非常に影響がある部分だと見ることもできるでしょう。
日本刀の“柄”の多くは木でできており、“柄木(つかぎ)”と呼んでいます。
“柄木”は基本、日本刀の形に合わせて加工した木2枚で刀を挟む形となっています。
挟んだ“柄木”を、鍔側からは“縁金(ふちかね)/縁(ふち)”という部品で、切っ先とは反対側からは“柄頭(つかがしら)/頭(かしら)”という部品で固定する形となっているのです。
その“柄木”の上から、“鮫皮(さめがわ/さめかわ)”と呼ばれる皮を張ります。
さらに“柄巻(つかまき)”もしくは“柄糸(つかいと)”などと呼ばれる紐状の部品(革・平織上の紐や糸など)を巻いて仕上げる形となります。

・目貫(めぬき)/目釘(めくぎ)
日本刀の“柄”から“茎”部分が抜けてしまわないように止めるための部品のことをさしています。
元々は “目釘”であり、それが発展して装飾が施されるようになったものを“目貫”と呼ぶようになったようです。
動物をモチーフにしたり、草や花などをモチーフにしたりなど、さまざまなデザインが見られます。
場合によって“目貫”は、“目釘”と分かれて配置されている飾り金物細工部分のことをさしているケースもあるようです。