日本刀初心者の方向けに、“日本刀の各部位の名称”を確認していきましょう。
まずは“刀身(とうしん)”についてです。
“刀身”とは、日本刀のうち、“鞘(さや)”におさまっている部分をさしています。
“柄(つか)”におさまっている部分は“茎(なかご)”もしくは“中心(なかご)”と呼ばれています。

・刃
日本刀のうち、物を切断する機能を持たせた、薄く鋭い部分のことをさしています。
日本刀の刀身は、片刃(片側だけに刃がついている形状)となっています。

・棟(むね)/峰(みね)/背(せ)
日本刀のうち、“刃”と反対側の部分のことをさしています。
いわゆる“峰打ち(みねうち)”を行う部位となっています。

・切先(きっさき)/鋒(きっさき)
日本刀のうち、刀身の先のとがった部分のことをさしています。

・ふくら
日本刀のうち、切先の刃の曲がっている部分のことをさしています。
曲線の曲がり方が大きく丸っこくなっている(ふくらが付く)ものと、直線に近い(ふくら枯れる)ものがあります。

・鋩子(ぼうし)
日本刀のうち、切先の刃の部分のうち、焼刃の部分のことをさしています。

・刃文(はもん/じんもん)
日本刀のうち、刀身にあらわれる波のような模様のことをさしています。
刃文は、焼き入れ(熱処理の一種であり、高温に加熱した鋼などを水や油などに入れて急速に冷却して硬化させるような処理のこと)を行うことによってあらわれるとされています。
日本刀の歴史の上で、時代や流派などによってもその模様が違ってくることもあり、刃文の形状からさまざまな情報が分かることもあるようです。

・鎬(しのぎ)/鎬筋(しのぎすじ)
日本刀のうち、“棟”と“刃”との間にある稜線のことをさしています。

・区(まち)
日本刀のうち、鞘におさまる“刀身”と、柄におさまる“茎(なかご)”との境目にあたる部分をさしています。
“刃”のほうの区を“刃区(はまち)”、“棟”のほうの区を“棟区(むねまち)”と呼んでいます。